事業概要

東京療育ネットワークとは、主に多摩地域で重症心身障害児(者)や肢体不自由児、発達障害児(者)をはじめとする障害者全般の療育医療に関心ある医師・看護師約180名程(平成27年1月現在)で構成する団体で、平成20年旧都立八王子小児病院深津修院長、島田療育センター小沢浩医師らが中心となり、設立されました。

3ヶ月に1回定例会を開催し、東京における療育体制の充実を図るため、以下の事項について、さまざまな問題を検討し、連携を深めています。

  • (1)東京の療育問題を検討し、情報を共有化します。
  • (2)参加施設の機能に応じた役割分担を明確化します。
  • (3)講演会等による重症心身障害児(者)医療の普及を図ります。
  • (4)東京療育ネットワークから全国に重症児医療連携を発信します。
  • (5)療育体制を充実させるため東京療育ネットワークから行政へ提言します。

※東京療育ネットワーク設置要綱